おりヅル千舞

ほぼ100均の材料で何かしら作ってます。※日常記事は情緒不安定な時が多めなので閲覧注意です※

両親共にヘビースモーカー

タバコは体に害を与えるだけで、何もいい事はない。

あんなに小さな箱なのに、一個で漫画が一冊買えてしまう値段。

それを毎日毎日ばかすか吸っている。

 

私がお腹に入る前から、お腹に居ても、産まれても赤ちゃんでも、妹たちや弟が生まれても

構わず、ずーーっと喫煙者だ。

 

私たちきょうだいは、その間ずっと副流煙受動喫煙させられてきた。

今も現在進行形でそうだ。

 

小学校でタバコの危険性を学んでからは、両親にタバコを辞めてほしいと何回も頼んだ。

両親は決して聞き入れなかった。

タバコを止めるなら死んだ方がマシだと宣った。それを小学生の(私)娘に。

 

そうして、何を言っても、親戚の叔母さんが心配してニコレットをくれても、全く禁煙なんて頭に無いかのように、毎日ばかすかばかすかタバコを吸うのだ。

やめられない、やめたくない。

父は若い頃から高血圧でぶっ倒れ、母は透析になったのに。

それでも、なお、喫煙しないとストレスになるのだと、自分の体と娘と息子の体を喫煙で蝕み続ける。

私が喘息になっても、それは変わらない。

非喫煙者がタバコの煙に咳き込み、えずき、その匂いの醜悪さに顔を歪めようとも、気にせず目の前で今日も吸い続けている。

 

気にしてトイレで喫煙する母。

何も変わらない。

煙は流れてきている。

匂いが、咳が、えずきがそれを伝えている。

 

吸った本人の身体から口から息からも、同じ不快で嫌な匂いを漂わせている。

あんなに強烈な匂いなのに、喫煙者本人たちは全く気付かない。

 

本当に本当に禁煙してほしい。

両親の為にも私たちの為にも。

 

自分たちも自分の子供たちも孫たちも、

みんなみんなタバコで殺す気なのか?

毒物に金を払い自ら毒を吸い、家族に毒ガスを吸わせ、それで満足なのか?

一家心中と変わらない。

徐々に徐々に毒を取り込み、だんだん毒に侵され蝕まれそして…。

 

喫煙者はタバコをやめたくない、やめられないという。

そもそも何故中毒性のある毒だと解っているのに、吸ったのか?

元からそんなものを吸わなければ中毒にもならなかったのではないか?

何故?何故?

 

私は喫煙者では無いし喫煙したいと露ほども思わないから分からないが、受動喫煙され続ける苦痛や嫌悪感はわかる。

きょうだいたちもみんなタバコが嫌いだ。

煙が嫌。匂いが嫌。

吸いたいなんて微塵も思わない。

寧ろこの世から全てのタバコを撲滅してほしい。

次の犠牲者を出さない為に、タバコという名の毒物を麻薬を作るのを売るのを本当にやめていただきたい。